やまもと小児科

予防接種について

小児科専門医
山本尚

予防接種は本来人(動物)に備わっている免疫力(抵抗力)を高め、ウィルスや細菌による病気から身を守る大変有効な予防手段です。
現在、生後2ヶ月から様々なワクチンが接種可能となっています。
やまもと小児科でお渡ししている資料や、下記の関連サイトを参考に予防接種についての正しい知識を身に付けて、防ぐことのできる病気(VPDといいます)から大切なお子さんを守ってあげましょう。

予防接種は主に健康外来(火曜、金曜の午後2時〜3時45分)で行っていますが、この時間に来院が難しい方は一般診察時間でも受け付けていますので直接受付窓口に電話で予約をしてください。

予防接種来院時の注意

接種の当日に持ってきていただくもの

予防接種の際には、以下のものをご持参ください。

ワクチンについてのQ&A

Q1.予防接種は必ず受けなくてはいけないのでしょうか?

予防接種を受けた「個人」にはワクチンによって免疫が付き、感染症にかかったり、重症化したりするのを予防することができます。さらに、多くの人が予防接種を受け免疫を得ることで、「社会」全体で感染症の流行を防ぐことができます。
ワクチンの必要性と有効性をご理解していただき、特に小さな子供さんはそのワクチンが接種可能な年齢なればできるだけ早めに接種を進めていくようにしてください。

Q2.ワクチンの効果ってどれくらいあるのですか?副作用も心配なのですが

現在日本で子供さんがワクチンを受けることによって防げる病気(Vaccine Preventable Diseases = VPD)は18種類にまで増えました。昭和生まれの私たちの年代の人にとっては「はしか」はありふれた病気で、亡くなる子供も少なくない怖い感染症でした。ワクチンのおかげで今では患者さんを見た経験がない小児科医も多い稀な病気になっています。また近年ではヒブワクチンや小児肺炎球菌ワクチンが実施されるようになり、これらの細菌が原因となっていた細菌性髄膜炎が10分の1にまで減少しました。実際、当院でも以前は年に1-2人みられた患者さんがここ5年間以上出ていません。劇的な効果と恩恵を実感しています。

ワクチン接種後の副反応の多くは接種した場所が赤く腫れたり、すこし熱が出る程度の軽い反応が数%の頻度で見られることがあります。重篤な反応はワクチンによっても違いますが、数百万接種に1回程度と極めて低く、すべてがワクチンが原因と証明されたものではありません。ワクチンを接種した時の副反応とワクチン接種をしないでその病気にかかった時の症状を比べると自然にその病気に感染した時のほうがずっと危険性が高いと言えます。

Q3.新生児ですがワクチンの接種スケジュールについて教えてください

下記は生後2か月からのワクチン接種のスケジュールの一例です。
当院では重要なワクチンの免疫をできるだけ早く付けるため、基本的に同時接種でのスケジュールをお勧めしています。

同時接種についての説明 picture_as_pdf
生後2か月~
Hib ① 、PCV(肺炎球菌ワクチン) ① 、B型肝炎 ① 、ロタ ①
その4週間後かつ生後3か月~
四混 ① 、Hib ② 、PCV(肺炎球菌ワクチン) ② 、B型肝炎 ② 、ロタ ②
その4週間後
四混 ② 、Hib ③ 、PCV(肺炎球菌ワクチン) ③ 、ロタ ③
その4週間後かつ生後5か月~
四混 ③ 、BCG
生後7-8か月~
B型肝炎 ③
生後1歳~
MR1期、Hib追加、PCV追加
その4週間後~
水痘とおたふくかぜワクチン1回目
1歳半前後~
四混の追加(四混3回目から1年経って)、水痘の2回目

ワクチンの種類

定期接種

法律で定められたワクチンを決められた期間や回数に従って行うもので、市町村が実施しており原則無料で受けられます。

(H31年4月1日 更新)
ヒブ Hib
(インフルエンザ菌b型)
初回: 2か月~ 4週間隔で3回
追加: 1才~(3回目接種から7か月あけて)
小児の肺炎球菌 初回: 2か月~ 4週間隔で3回
追加: 1才~(3回目接種から60日あけて)
B型肝炎 1回目: 2か月~
2回目: 1回目接種から4週あけて
3回目: 1回目接種から20~24週あけて
(1歳未満が定期接種です)
四種混合 DPT-IPV
(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
初回: 3か月~ 3週間隔で3回
追加: 1才~(3回目接種から1年あけて)
MR(麻しん・風しん) 1期: 1才 ※お誕生日がきたら早めに接種しましょう。
2期: 幼稚園・保育園の年長さん(5~6才)
水痘 1才~ 約半年あけて2回
(3歳未満が定期接種です)
日本脳炎 1期: 3才~ 1週~4週あけて2回
1期追加: 2回目接種から1年あけて1回
2期: 9~12才
二種混合 DT
(ジブテリア・破傷風)
11才~12才
子宮頸がんワクチン 中学1年~高校1年の間に合計3回。
(現在当院では接種を行っていません)

水痘

3才以上は任意接種で有料となります。

すでに水痘にかかったことのある場合は定期接種の対象外となります。

日本脳炎

H7年~H18年度生まれの方は、接種差し控えにより接種の機会を逃していることがあります。

H7年4月2日~H19年4月1日生まれの方は20歳になるまで定期接種として接種可能ですので、ご確認の上お問い合わせください。

任意接種

定期接種以外のワクチンや定期接種になっているワクチンでも定められた期間を外れて接種する場合で、自己負担となります。
お住まいの自治体で助成がある場合は自治体にお問い合わせの上、助成の書類をお持ちください。
※負担額については窓口またはお電話にてご確認ください。

ロタウイルス
ロタテック(5価)
6週~32週で3回(飲むワクチンです)
※初回は14週6日までに接種しましょう
ロタウイルス
ロタリックス(1価)
6週~24週で2回(飲むワクチンです)
※初回は14週6日までに接種しましょう
おたふくかぜ 1回目:1才~
2回目:幼稚園・保育園の年長さん(5~6才)
※1回目接種から3年以上あけて
インフルエンザ 生後6か月~13歳未満: 2~4週間隔で2回接種
13歳以上: 1回接種
ポリオ 5回目:幼稚園・保育園の年長さん(5〜6才)

ロタテックとロタリックス

当院ではロタテックを採用していますが他院で1回目をロタリックスで接種された方はロタリックスを接種いたします。

ポリオ

H30年8月〜日本小児科学会で接種を推奨しています。

Know VPD! - ワクチンで防げる病気(VPD)を知って子供たちの命を守る
小児科学会が推奨する予防接種スケジュール picture_as_pdf
やまもと小児科